みにの暮らしのブログ  【お知らせ】ブログのURLとタイトルをリニューアルしました。 新URL「https://miniiro.com」 新タイトル「みにの色」。

【バンホーテンの純ココアパウダー】ダマにならないミルクココア作り

健康に良いといわれるココア。

 

私も健康のために飲みたいと思って、添加物が入っていない純ココアパウダーを買ったことがあります。

 

その時のお話です。

 

当時は、いざ作ってみるとうまく作れずに、ダマになってしまって飲みづらい。

 

という悩みを抱えていました。

 

でも、健康にいいと思うと飲みたくなります。

 

そもそも、基本に戻ってみたら、簡単にダマにならないココアを作ることができました。

 

結論は単純。

 

作り方の説明をきちんと読むことです。

 

だいたい、何となくで作っているので、失敗していたんですよね…。

 

私にとっては、あるあるです。

 

なんでもお湯を入れておけば間違いないという思い込みで、お湯をいれていたけど、水を入れることにはびっくりしました。

 

説明書を読むという基本的な事って大事…。

 

きちんとした作り方と、手軽に作れる作り方の2つの作り方が紹介されています。

 

今日は手軽に作れる方法で、作り方の手順を私なりにおさらいしようと思います。

 

【バンボーテンの純ココアパウダー】手軽にミルクココアをダマなく作る

ココアが完成した写真

基本ですが、裏の作り方の説明を読むだけでダマなく美味しくつくれます。

 

(缶やパッケージの裏に作り方がきちんと書いてあります。)

 

準備するもの

使った「バンホーテン」ココア缶の写真

  1. ココアパウダー(バンホーテンの純ココアパウダーを使用)
  2. 砂糖(天然の鉄分豊富な砂糖を使用)
  3. 牛乳(生乳100%を使用)
  4. 冷たい水(少々)
  5. マグカップ

☆天然の鉄分豊富な砂糖の記事はこちら ≫≫【使い切れるサイズ】天然の鉄分が豊富な塩と砂糖でこつこつ鉄分を摂る

①ココアパウダーと入れる

ココアパウダーをマグカップに入れる写真

①ココアパウダーをマグカップに小さじ2杯入れます。

②砂糖

砂糖をココアパウダーに入れる写真

②砂糖をマグカップに小さじ2杯入れます。

③冷たい水や牛乳を入れる

ココアパウダーと砂糖に水を入れた写真

をほんの少しだけ入れます。

本格的な作り方ですと、牛乳と書いてあります。

(ちなみに私は冷たい牛乳で飲む派なので温めてはいません。)

 

いままで、私はお湯でとかそうとしていました…これでは永遠にうまく出来ませんね。

 

冷たいのでないとダマになりやすいので注意です!

 

水をたっぷり入れてしまうと粉が浮いてしまいペース状になるのに時間がかかります。

 

④パウダーをつぶしながら混ぜる

ココアパウダーと砂糖と水を混ぜている写真

④スプーンで、粉をペースと状になるまで練ります。

 

パウダーのダマをコップの側面に押し付けてつぶしながらまぜると、うまくいきました。

 

ココアパウダーと砂糖と水を混ぜている写真2

う~ん、もうちょっと頑張ろう

 

ココアパウダーと砂糖と水を混ぜている写真3

おっ、なんかいい感じにペースト状になってきました。

 

ココアパウダーと砂糖と水を混ぜた写真

ダマがなく、きれいなペースト状になりました。

 

次は何でしょう?

 

⑤牛乳を注ぐ

ココアパウダーと砂糖と水を混ぜて牛乳をいれた写真

⑥ここで牛乳をたっぷりと注ぎます。

 

(温めた牛乳と書いてありますが、冷たい牛乳を入れて飲みました。)

 

冬は、温めた牛乳をいれて「ホットミルクココア」で飲んでみたいかも。

 

ココアを作っている写真

牛乳をいれたら、よく混ぜます。

 

ココアを作った写真

牛乳とペーストがなじんだら、美味しそうなミルクココア出の来上がりです。

 

純ココアパウダーでミルクココアを手軽に楽しむ

ココアが完成した写真

純ココアパウダーを使って、簡単な作り方でダマにならないミルクココアを作りました。

 

ほんとに簡単なのに、いつものダマになるストレスもなくきれいに作れました。

 

【バンホーテンの純ココアパウダー】は、ココアの量がたくさん入っていますので、たくさん楽しめます。

 

ココアには鉄分や食物繊維も豊富とのことで、これからも飲みたいなぁって思います。

 

せっかく純ココアを使うのでしたら、砂糖や、他にも気をつけてみるのもいいですね。

 

ぜひ、純ココアパウダーでココアを使ってミルクココアを飲んでみてください。

ココアパウダーでミルクココアを作る記事のアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE