みにの暮らしのブログ  【お知らせ】ブログのURLとタイトルをリニューアルしました。 新URL「https://miniiro.com」 新タイトル「みにの色」。

振り込み先を間違えた!便利なネット振り込みでやってしまったミス。

こんにちは、ミニです。

 

 

2021年6月頃にやってしまった、ネット振込での『ミス=失敗』をお話ししします。

 

 

確認不足からくるミスをしてしまった出来事です。

 

 

ネット振込を利用する際に、気を付けたいと思ったことです。

 

 

よかったら最後までお付き合いください。

 

便利なネット振込ですが、予約振り込みを利用した方が安心です。

私は、いくつかネット銀行を契約していて、ネット上から全て手続きができるところが便利で使っています。

 

 

先日(というより2021年6月某日のことです…)自分のネット銀行から、自分の違う講座に振り込みをしたのですが、振り込みを完了して、確認のために口座番号を見ていたら、

 

 

なんと、

 

 

違う口座に振り込んでしまっていた⁉

 

 

ということがありました。

 

 

 

ネット銀行での振り込みは何回もしているので、その振り込み先の情報っていつも保存しているんです。

 

 

 

その時も、今までに振り込みした先の情報がらいくつかあった中からえらんで、自分の他銀行の口座の振り込み先をポチッと選んでたつもりでした。

 

 

でも、その時は勘違いしていて、振り込み先の名前が他社の銀行口座の振込先の名前である事に、全く気が付かなかったみたいです。

 

 

 

今思えば、た銀行の自分の口座に振り替えたいのだから、振り込み先の名前って、自分になってなければおかしいのに、気がついたときには、時すでに遅し…。

 

 

 

振込元の名前が自分だから、それをみて振込先と勘違いしたんでしょう…としか思えません。

 

 

 

いつもなら、予約振り込みにしてるのに、

 

 

運悪く、即時振り込みを選択してたので、資金が一瞬で移動した後でした。

 

 

この日だけは、なぜか即時を選択していたので、運が悪かったとしか思えない。

 

 

急ぐ必要なんて全くなかった事ですしね。

 

 

数十万の金額だったので、気づいた時には、血の気が引きました。

 

 

「やってしまった…やってしまった…やってしまった…やってしまった…やってしまった…やってしまった…」

 

 

「どうしよう…どうしよう…どうしよう…どうしよう…どうしよう…どうしよう…どうしよう…」

 

 

「あー…

私の生活費がぁ……………………………………

終わった…。」

 

 

諦めの気持ちとプチパニックになりながらも、

 

相手の口座もとを思い出すために、書類をあさりだしました。

 

 

 

結局、家賃の口座か、カード会社の口座だと検討はつきましたが、過去の振り込み先がわかるハガキを処分していたらしく、見つからなかったんです。

 

 

まだ、プチパニックが続く中、ネット銀行に電話するしかないと思って調べたら、受付時間の17:00過ぎていて、さらに落ち込みました…。

 

 

 

これは、緊急だ!

 

と思ったので、気が付いたら、24時間受付の「不正利用専用の電話サービス」に電話していました。

 

 

電話をかけたら、その内容でしたら「明日の営業時間内にかけてください」ということで、電話番号を教えてもらい、

 

 

それから、返金依頼の手続きをしないといけないので、ログインして、電話越しに説明を受けながら手続きを完了させました。

 

 

 

あとは、ネット銀行の方から、間違えた振り込み先の方に返金依頼をして、

相手先の承諾がおりて送金の手続きがなされたら、無事に問題が解決するとのことでした。

 

 

それ以外は、ネット銀行も、どうしようもできないとのことで、

 

 

「どうするかは、間違えた振込先の方のお客様が決める事でして、うちは返金依頼をすることしかできないんです」と言われました。

 

 

ビジネスですから仕方ないですよね。

 

 

ということは、

 

返金の承諾が得られなかったときは、お金が戻ってこないということです。

 

 

自分でどうにかすることもできないんです。

 

 

自分のミスで、泣く泣くあきらめるしかなくなるかもしれないなんて…。

 

 

これが、大金だったら、寝られないですね。

 

 

 

実際、数日の間、お金が戻ってこなかったらどうしよう…という不安しかありませんでした。

 

 

こういうこと、あんまりないと思います。

 

 

ネット銀行では振り込みは便利ですか、ポチッとボタンを押してしまうと、ご送信につながる危険もあるのが怖いところです。

 

 

今回の出来事は、仕事だったら凡ミスになるのかな?

 

 

再確認をしなかった自分に反省しています。

 

 

振り返ってみた感想と今後の対策

今後、ネット振込を利用するときは、振り込みの宛先は登録はしないようにしようと決めました。

 

 

必ず返金してもらえる宛先、例えば自分の口座とか以外は、めんどくさくても毎回振り込み先を確認しながら入力する方が確実に間違えないで済みますよね。

 

 

 

あれから丸2日経過し、3日目のお昼過ぎにやっと返済完了のメールが届きました。

 

 

通帳を確認したところ、きちんとお金が戻ってきていました!

 

 

良かった

 

 

もう、安堵しかありません……。

 

 

私は、振り込んだ銀行とは違う、他の銀行に振り込んでしまったので、電話してから4日くらいかかりました。

 

 

他の銀行へ間違った振り込みをしたときは、お金の移動などで数日かかるそうです。

 

 

同じ銀行内で振込先を間違った場合は、もう少し早いとのことでしたが、間違って振り込まれた先の方が承諾してくれるかは不明です。

 

 

 

今回は、無事にお金が返ってきましたが、「もし、返金されなかったらどうしたらいいの?」と不安になっていた時にインターネットで解決方法を調べていたら、弁護士さんの記事を見つけて読んでいました。

 

 

実際に返金されないという問題も起こっているみたいです。

 

 

 

インターネットは生活を便利にしてくれますが、取り扱うときは慎重にならなければなりませんね。

 

これからは十分に気を付けようと、身が引き締まった出来事でした。

 

 

以上、2022年に『ミス=失敗』した出来事でした。

 

 

皆さんも、ネット振込の際には、気を付けてくださいね。

 

 

ここまでお付き合いくださいありがとうございました。

 

 

ミスしたネット銀行の振り込みで記事のアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE