ロジクールのトラックボールマウスを使ってみた感想【慣れたら手が楽だし使いやすい】

パソコンを使うときに、マウスは、必要ですよね。

 

トラックボールという種類のマウスをご存じでしょうか?

 

マウスを使うときは基本体を動かしまます。

 

しかし、トラックボールと言う種類のマウスは、指を動かすだけでいいんです。

 

マウスの上に手を乗せたら、あとは、指先でボールをコロコロと転がすと、マウスの操作ができるんです。

 

腕を使わないので、とても楽です。

 

トラックボールタイプのマウス、とても使い勝手が良いいんです。

 

トラックボールタイプのマウスに変えたら、とても良かった。

ロジクールトラックボールマウスの写真

※写真右のマウス。

写真にある、青い球体を指で滑らすと、360度どの角度にもコロコロと回転します。

 

マウスといえば、マウスパッドの上に乗せたマウスを、片手で動かしながらマウス自体を動かすのがほとんどですよね。

 

今までは、手のひら全体でマウスを動かし、それに合わせてパソコン画面上のマウスポインターを動かしていました。

 

しかし、トラックボールタイプのマウスは、ボール(球体)を指でをくるくると転がすことによって、パソコン画面上のマウスポインターを動かします。

 

マウス自体を動かさなくてよい為、マウスパッドは必要ありません。

 

ボール(球体)を転がすことでマウスの操作ができるなんて、画期的ですね。

 

トラックボールマウスの良さ

使って見て良かったところ

  • スペースが狭くても使える
  • マウスパットが必要ない
  • 手首が疲れない
  • 腕が楽
  • コードレス(コードがあると引っかかったりして煩わしい)
  • 持ち運びしやすい
  • 電池式なので、充電いらず

 

【使ってみた感想&比較】親指タイプ×人差し指タイプ

ロジクールトラックボールマウスとエレコムトラックボールマウスの写真

  1. 写真の右が、エレコムの人差し指タイプ。
  2. 写真の左が、ロジクールの親指タイプ。

 

【人差し指タイプ】 エレコムさん

私はずっとコードがあるマウスを使っていましたが、コードがストレスでコードレスタイプのマウスが欲しいなぁと思って探してたとき、トラックボールタイプのマウスを知りました。

 

そこで、「腕が疲れにくい」というレビューを読んで気になり、いつかは使ってみたいと思うようになりました。

 

ある時、外出先でふと立ち寄ったお店に、エレコムのトラッキングボールのマウスが置いてあるのを見つけます。

 

トラッキングボールタイプののマウスが3種類あったので、せっかくだし使いやすさを試すために触ってみることにしました。

 

店頭で3種類とも試した結果、人差し指のでボール(球体)を操作するのが1番使いやすい感覚だったので、エレコムさんの人差し指タイプを最初に購入して使っていました。

 

しかし、しばらく使用しているうちに、人差し指タイプはあまりむ向いてないかも…と感じてきました。

 

特に、人差し指で細かい作業をするときに不自由さを感じました。

 

作業中、人差し指がブレて的確なところにマウスのポインターがいかないときがあります。

 

それから、人差し指だとボールを動かせる範囲が小さいので、マウスポインターが1回に移動できる範囲も小さいんです。

 

その分、余計にコロコロとボールを転がさないといけません。

 

結果、人差し指が疲れてきます。

 

また、時間もかかってしまいます。

 

他にも、

 

親指の位置にボタンとスクロールがあって、押すのもスクロールするのも親指でするのですが、それに慣れず使いにくいなぁと思ってしまいました。

 

どうやら私には、人差し指タイプは合わなかったようです…。

 

エレコムさんの特長は、サイズが小さめなところです。

 

日本人に、合っていると思います。

 

手が小さな子供さんや、女性の方にはフィットしやすいのではないでしょうか。

 

エレコムさんのトラックボールマウスは他に親指タイプのもあるので、小さめのサイズを探しているならそちらも良いかもしれません。

 

親指タイプ】ロジクールさん

ロジクールさんは、前から気になっていたので、2番目にはこちらの親指タイプを購入してみました。

 

親指タイプは、親指自体の面積が人差し指よりも大きいため、一度に球体に触れる範囲がひろいし、移動範囲も大きいです。

 

また、細かい製作の作業にも、親指タイプの方が、ブレにくくマウスのポインタの動きも的確だと感じました。

 

親指の方が、緩急の調整や小さい動きもスムーズにできるような気がします。

 

人差し指だと2回ボールをコロコロしてたどり着く距離でも、親指だと1回のコロコロで目的地にたどり着けるようなイメージです。

 

 

ボタンの位置は、普通のマウスと同じです。

 

スクロールの位置も真ん中にあって、中指でできます。

 

親指で球体を転がすか、腕を使ってマウス自体を動かすかの違いです。

 

やはり、スクロールは中指が使いやすいですね。

 

親指でポインターを操作し、中指でスクロール。

人差し指で左クリック、薬指で右クリック。

 

今までのマウスに慣れているからか、他の指の位置は、変わらない方が使いやすいと感じました。

 

私の個人的な感覚になりますので、人によっては、人差し指タイプの方があっているかも知れません。

 

こればかりは、実際に使ってみないことには分からないことですが…。

 

個人の感覚にもよりますが、今までのマウスに慣れているからか、他の指の位置は、変わらない親指タイプの方が使いやすいと感じました。

 

【通信】Bluetooth通信ができるタイプだと便利。

iPadとマウスとキーボードの写真
旅先でも使える

Bluetooth通信のいいところは、インターネットネット回線を使わないところです。

 

マウス本体に電池を入れて通信をオンにし、後はパソコンやタブレット上でBluetoothの設定をオンにして、使用するマウスが検出され入れたらクリックして選ぶだけ。

 

それだけでBluetoothの通信ができるようになります。

 

 

エレコムさんは、Bluetooth通信のタイプがあります。

 

Bluetooth通信タイプでは、iPadでも使えるのに対応している種類があります【ios】。

 

 

ロジクールさんのは、Bluetooth通信と、パソコンに専用の外付けを差して使う方法の2通り選べます。

 

私は、iPadをパソコンみたいにして使うときに、ロジクールのトラッキングボールマウスをBluetooth通で繋げています。

 

どちらも、

 

持ち運び専用のケースも売っていますので、外出先でも持って行けるのもいいですね。

 

私が使っている親指タイプのトラックボールマウス

ロジクール ワイヤレストラックボール

ロジクールのトラックボールマウスの写真
 

いつもはBluetooth通信ではなく、USBタイプをノートPCに差し込んでワイヤレスで使っています。

 

今のところ、とくに問題なく使えています。

 

エレコムさんにくらべて、マウス自体が大きめなサイズ感です。

 

私の手はわりと大きめな方ですが、ちょっと大きいかな?と思うことはあっても、使っていてとくに不便はありません。

 

iPadでマウスを使いたいときは、Bluetooth通信で繋げて使っています。

 

ロジクールのトラックボールマウスの写真

裏側には、電源オン・オフができるスイッチと、通信を切り替えられるボタンが付いています。

 

ロジクールのトラックボールマウスの写真

左側のボタンは、電源を切り替えるスイッチです。

 

ロジクールのトラックボールマウスの写真

右側のボタンは、通信を切り替えするときのボタンです。

 

Bluetooth通信にしたいときは、ボタンを押してBluetooth通信ができるよう切り替えます。

 

iPadとマウスポインタの写真

iPadでもBluetooth通信を選びます。

 

ロジクール製品が表示されたら、クリックしてマウスとiPadを繋げると、トラックボールマウスをiPadでも使えるようになります。

 

マウスのポインタが丸の形で出てきたら、繋がっている証拠です。

 

 

このマウスは、電池式です。

 

電池式なので、充電がいらないところも使いやすいなと思うところです。

ロジクールのトラックボールマウスの写真

上の写真はマウスの裏側の写真ですが、オレンジで丸を付けた場所が乾電池を入れる場所です(USB通信機もここに収まる)。

 

充電って、忘れてしまうときありません?

 

それに、結構めんどくさい…。

 

電池は、切れたら手軽に替えれるという良さがありますね。

 

ボールの動きが悪くなったら、簡単にお手入れするだけで復活。

ロジクールのトラックボールマウスの写真

最初はするするとボールが動いてスムーズだったんですが、数カ月使っていると、ボールの動きが鈍くなってきて使いにくくなって困りました。

 

よくマウスを見てみると、ボールと本体の隙間にほこりが詰まっています。

 

その、隙間に詰まっているほこりを取ってきれいにしたら、またスムーズにボールが動いてくれました。

 

隙間を掃除するのは難しい…ですが、ボールは取り外せるんです。

 

ロジクールのトラックボールマウスの写真

マウスの裏側からボールを押し出します。

 

ロジクールのトラックボールマウスの写真

すると、ボールがきれいに外れました。

 

ロジクールのトラックボールマウスの写真

中をきれいに掃除して、ついでにボールもきれいにます。

 

ロジクールのトラックボールマウスの写真

元の通りに、ボールをはめ込んだら掃除の完了です。

 

ボールの動きが悪いなぁ・・・と感じたら、ボールを外してきれいにするだけでボールの動きがよくなりますよ。

 

掃除も簡単にできるので、そこも嬉しいポイントです。

 

トラッキングボールマウスは親指タイプがおすすめ。

iPadとマウスとキーボードの写真

新しくマウスを買い替えようと考えている方、ぜひ、トラッキングボールタイプのマウスを候補に入れてみてください。

 

店頭に行って試せることがいちばんですが、実際にしばらく使ってみないことには、自分に合っているかどうかは、分かりづらいです。

 

あとは、慣れるまでには時間がかかりますので、使いはじめは、違和感を感じると思いますが、慣れてくるといいなと思えてきました。

 

今までのマウスに慣れているなら、指の位置がなるべく変わらない方が、使いやすく感じましたので、、タイプで迷ったら、親指タイプがいいでしょう。

 

メーカーさんはいろいろあるので、好みのものを探してみるのもいいですね。

 

トラッキングボールのマウスのアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE