みにの暮らしのブログ  【お知らせ】ブログのURLとタイトルをリニューアルしました。 新URL「https://miniiro.com」 新タイトル「みにの色」。

自宅での歯のケアで私が使っているおすすめの歯科用品をご紹介します。

こんにちは、ミニです。

 

 

毎日の歯磨きで、どの歯ブラシを使おうか、どの歯磨き粉を使おうか迷うことってありますよね。

 

 

今回おすすめする歯磨きグッズのうち『歯磨き粉』と『歯ブラシ』は、お世話になっている歯医者さんから頂いたのがきっかけで使い始めました。

 

特に歯ブラシは、コンパクトなヘッドで奥歯まで届きやすく、奥歯を磨きやすい形になっているところが気に入って、数年たった今でも気に入って使っています。

 

 

女性にも使いやすい歯ブラシです。

 

 

歯ブラシ以外にも、私が使っている歯磨きグッズの一部は歯科専用のもので、薬局やホームセンターなどで見かけることはないものもあります。

 

実店舗だと『東京ハンズ』や『ロフト』まで買いに行くことが多いです。

 

通販ですと『Amazon』で購入しています。

 

歯磨きグッズの写真
歯磨きグッズの写真(ロフトで購入したもの) 歯ブラシは間違えてMを選んだときのもの

 

ロフトには、いつも使っている歯磨き粉や歯ブラシがセットで販売されていて、たくさんストックしたいときに助かっています。

 

 

東急ハンズは、いろんな種類の歯ブラシが、1個から取り揃えてあるし、歯磨きグッズの種類も豊富であまり見かけないのも多く置かれていますよ。

 

 

おすすめの歯磨きグッズ、使ってみた感想と一緒にご紹介いたします。

 

 

歯ブラシ 【ジーシー ルシェロ 歯ブラシ】 コンパクトで女性にも使いやすい歯ブラシ

S(やわらかめ)B-20 虫歯予防に最適なタイプ 【コンパクトな形】

ヘッドが小さめなので、口の中が小さめな女性でも使いやすいと思います。

このシリーズのSタイプは、私は一番好きです。

 

歯ブラシの毛の硬さは好みもありますが、わたしは柔らかめのSタイプを使うことが多いです。

 

写真は間違えてMタイプを買ってしまったときに撮った写真。

 

Mタイプは少し硬めの毛ですが、固すぎるということもないので、Sのやわらかめよりは汚れが落ちやすく感じました。

 

 

 

S(やわらかめ)B-20 歯周病予防に最適ななイプ 【コンパクトな形】

ヘッドが小さいのと、毛先が細くなっていっている歯ブラシです。

 

毛の硬さが柔らかいタイプなので、歯茎のあたりがやさしくて使い心地もきもちいい歯ブラシです。

 

 

特長や使ってみた感想など

【基本】歯ブラシの形が特徴的だから奥歯まで磨ける

  • 先の方が少し内側に曲がっているので、奥歯が磨きやすい形に作られています。
  • 歯ブラシの毛の先端部分が少し出ていて奥歯まで届きやすくなっています。

 

歯ブラシ自体の形と、毛の形が奥歯までしっかり磨けるようになっています。

 

 

毛の硬さSかMの2つから選べる

  • Mは、毛の硬さがふつうタイプ
  • Sは、毛の硬さがやわらかいタイプ

 

Sタイプの毛は、やわらかく、歯茎にやさしい感じです。

 

Mタイプの毛は、柔らかすぎず、固すぎないので、しっかり汚れが取れる感じです。

 

ただ、力を入れすぎると歯茎が痛くなるので力の入れすぎには注意した方がいいと思います。

 

 

毛の配列でヘッドの形が違う【タイプは2つ】

  • B-20は、ヘッドの毛の配列が→横4列×縦7列のタイプ (丸めでコンパクトな形)
  • B-10は、ヘッドの毛の配列が→横3列×縦に8列のタイプ(長細い形)

 

私は、4列のコンパクトタイプしか使ってません。

どちらもコンパクトなので、奥歯まで届きやすいです。

 

ですが、私の感覚では、

 

毛がやわらかいSタイプの方が、毛が普通の硬さのMタイプよりも奥歯に入れやすいなと感じました。

 

毛がやわらかくてしなやかだと、奥歯の隙間にも入りやすくて苦にならないんだと思います。

 

 

S(やわらかめ)B-10 虫歯予防に最適なタイプ 【長細い形】

こちらは使ったことありません…。

普段からこのタイプの毛の入れつを使っている方には、こちらのタイプの方が合いそうです。

 

 

歯磨き粉 ステインが付きにくくなる 

歯磨き粉の写真(アプリコット)
歯磨き粉の2個セットの写真(ロフトで購入したもの)

【デントブリリアントモア】アプリコットタイプ 

 

アプリコットは、スースーしないし甘くないので、クセがなくて使いやすいです。

 

私はこれを愛用しています。

 

歯医者さんにも置いてあって使ってみたら、歯のクリーニングをしてもらってから使っていましたが、普通の歯磨き粉を使ったときと比べると、色素が付きにくく感じました。

 

 

【デントブリリアントモア】ミントタイプ

ミントのすっきりしたタイプ。

 

 

デンタルフロス Y字タイプ

フロスの写真
デントのフロスの写真(ロフトで購入したもの)
フロスの写真2
クリニカのフロスの写真(薬局で買えるのがありがたい)

 

私は、普段からY字タイプのフロスを使っています。

 

Y字タイプのフロスは、奥まで届くし、手を口の中に入れなくて済むので、手が汚れなくてとっても使いやすいんです。

 

また、フロスのように一回で捨てるのでなく、洗って2~3回は使えます。

 

自宅でも使っていますが、外出の際にも歯磨きセットにも入れてるくらいに、Y字タイプが便利で気に入っています。

 

 

【ライオン デント ウルトラフロス フロスの太さ普通M 一般歯間用】

私は歯の間に隙間があるので、こちらの普通のタイプを買って使っています。

 

 

【ライオン デント ウルトラフロス フロスの太さ細めS 狭い歯間用】

こちらは使ったことはありませんが、

 

一本一本の歯と歯の間に、隙間があまり無い方に合うと思います。

 

 

【クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ】

薬局でも手に入りやすいのはこちらです。

 

いつも買っているデントのクロスが無くなったときに、薬局でこちらのクリニカのフロスを必ず買って使っています。

 

 

歯について後悔した過去の話 自宅でのケアと歯科でのクリーニングで虫歯予防

私は過去に、歯列矯正 (抜歯矯正) をして後悔した経験があります。

 

歯の本数が少なくなってしまったのですが、健康な歯だったので無くしてしまい、ほんとうに後悔しかありません…自己責任なのに…。

 

歯が抜けることをすごく恐れているためか、今でもたまに、歯が抜けていく夢を見てしまします…。

 

 

これ以上抜けて欲しくない…。

 

 

切実な願いです。

 

 

 

お世話になっている、歯科衛生士さんに教えてもらったことがあります。

 

虫歯は半年単位で大きくなるみたいで、最低、半年に一度は歯のクリーニングにいくのが理想だそうです。

 

なかなか行けてないのが現状。

 

美容院も年に3回くらいだから、ほんとは同じくらい行きたいですが…。

 

 

 

虫歯って、痛くなってからでは遅いんですね……。

 

手遅れになる場合が多いそうです…。

 

 

 

私は、矯正前も、矯正中の数年間も虫歯治療をしたことはありませんでした。

 

 

違う歯医者に通い始め、歯のクリーニングの時に歯科顕微鏡で見てもらったところ、肉眼では見えないミクロン単位までのものを合わせると30個くらいの虫歯が見つかりました。

 

その中には、神経のギリギリまで虫歯に侵されている歯が1本あって、とてもショックでした。

 

 

後日、神経を残した治療をしていただきました。

 

 

顕微鏡でならミクロン単位まで拡大して見えるので、点のような小さな虫歯も見つけられるみたいです。

 

 

 

虫歯の治療を開始して、全ての虫歯の治療が終わってからもう2年ほどが経ちましたが、その時に、歯科医の先生に言われたことは、「矯正治療中も、歯のメンテナンスで気を付けてきたから、まだ虫歯がこの程度で済んだんだよ」ということでした。

 

 

特に電動歯ブラシを使っていたわけでもないのですが、昼間も歯磨きしていたことと、フロスをたまにしていたのがよかったのかな…。

 

 

普段からのケアも大切なんだなぁと思った時です。

 

 

毎日のケアに合わせて、3カ月に一回の歯科でのクリーニングをするのが理想として行きたいです。

 

(最低、半年に一回を目指すとこからまた始めたい…)

 

 

歯ブラシは、合う合わないかは実際に磨いて試してみるのがいい。

今回は、おすすめの歯ブラシと歯磨き粉、デンタルフロスをご紹介しました。

 

ご紹介した歯ブラシや歯磨き粉は、歯医者さんや歯科用の通販、アマゾンなどの通販できますが、実店舗ならロフトや東京ハンズでも購入できますよ。

 

プロのお手入れも必要ですので、いきつけの美容院と同じような感覚で、通いたくなる歯医者さんや歯科衛生さんがいる歯医者さんをを見つけてみるのも心強いですよ。

 

 

歯のことでのお悩みなら、おすすめのサイトがあります。

 

歯のことでお悩みでしたら、一度見てほしい「歯チャンネル88」というサイトがあります。

歯のことのお悩みがたくさん集まって、全国の歯科医の方がボランティアで回答をしてくれている、専門サイトがあるんです。

いろんな悩みが寄せられています。

 

ちなみに私は悩んでいるとき、よく「歯チャンネル88」を見ていました。

ひとつの質問に対して歯科医の方それぞれで意見が分かれたりしていて、歯科もの治療方法もさまざまで、先生方達の意見もちがうんだな、ということを知りました。

実際に8つの歯科を回ったときにも、それぞれ全く違う治療法を提案されましたので、選ぶのもたいへんですよね。

治療する側もある程度、正しい知識を知っておくのが身を守ることに繋がるんだなと感じたことがあります (すでに後悔してからことだったので遅いのですが、その後、よい先生に出会えたのはこの歯チャンネル88のおかげです)。

 

歯の治療や歯の矯正のことなど、歯のことでお悩みなら、おすすめです。

 

 

 

歯磨きケアの記事のアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE