みにの暮らしのブログ  【お知らせ】ブログのURLとタイトルをリニューアルしました。 新URL「https://miniiro.com」 新タイトル「みにの色」。

心がすさんでいるときや最近いい事がないと思うときに読んでほしい本

人生に迷ったり、悩んでるとき。

 

生きる意味を考えてしまうくらい心が疲れてしまったとき。

 

 

そんなとき、江原啓之さんのある言葉に救われました。

 

 

それは、「生き抜くことに価値がある」という言葉です。

 

 

どこで聞いたのか覚えていないけれど、ずっと心に残っている言葉のひとつです。

 

 

それから、江原さんの本をいろいろ買って読むようになりました。

 

 

 

人生の失敗や挫折、取り返しがつかない後悔も経験してきました。

 

 

金銭面での不安、仕事でのキャリアで悩み、老後の不安から、将来に絶望したり…。

 

 

どれも自業自得なのに、当時は他人のせいにしていたり、口だけで行動に移さなかったりしていたな、と振り返っってみると反省しかありません。

 

 

そんないろんな悩み、誰でも抱えていると思います。

 

 

悩みが無くなることはありませんが、心の持ち方は変えていけるんです。

 

 

心の持ち方を変えるために、解決へと導く考え方を教えてくれる、江原啓之さんの本をご紹介ししたいと思います。

 

 

【幸せになる100か条 】著:江原啓之さん

著書 江原啓之
出版社 徳間書店
発売日 2017年4月27日

 

江原啓之さんといえばスピリチュアルな世界をイメージしますが、

 

 

この本の内容はスピリチュアルというよりは道徳的よりな内容だと思いました。

 

 

自己啓発本ともちょっと違います。

 

 

厳しいととらえてしまう言葉も人によってはあると思いますが、どれも的を得たお答えだと感じました。

 

 

現実の世界を生きるのは厳しいものです。

 

 

現実の世界をしっかり生きていくためには、適切な選択をしなければならなりません。

 

 

江原さんは、そのために感情でなく「理性で物事を考える」ことが大切だと言われているのをよく聞きます。

 

 

そんな、生きていくためには必要な考え方を、改めて考えさせられる言葉がたくさん詰まっています。

 

 

スピリチュアルというよりも、道徳的で、現実的な考え方を学べる本だと思いました。

 

社会でうまくやっていくためには厳しい言葉も必要

私は、社会に出てからずっと、何かしらに悩んでいる気がします。

 

本来なら、人とうまくやっていくときにも、

 

社会でうまくやっていくときにも「大切なこと」を、

 

忘れてしまうからかもしれません。

 

 

いつの間にか、わがままになっていて、相手のせいにしてしまうことも多くなる。

 

 

そうなると、どんどん人間関係やその他のことがうまくいかなくなってきて、

 

 

悩みが増えていくことになるんです。

 

 

人のせいにしてしまっているとき、自分の心持ちが悪いことは分かっているんだけど、

 

 

直視したくないとき、みて見ぬふりしてしまいます。

 

 

現実を変えるには、心を見つめ直す事が必要なのに、見ないようにしていたり。

 

 

人から、痛い指摘をされても懲りずに、意地を張り続けてしまった結果、どんどん悪い方向に向かっていく。

 

 

私のためにあえて厳しい言葉をかけてくれた、やさしさなのに。

 

 

あの時、引き返せばよかったと、後悔していることなんて今でもたくさんあります。

 

 

出来れば後悔したくない選択を選べてたなら、どうなっていたのかな。

 

 

もう、過去のことはどうにもなりませんが、今、と未来のことはこれからでも遅くはないかもしれません。

 

  • 最近うまくいかない…
  • 最近ついてないない…
  • 嫌なことがよくある…
  • 職場の人間関係に悩んでいる…
  • 恋愛で悩んでいる…

 

そんなときに読んでみてほしい。

 

  • 今、立ち止まって自分を見つめ直してみたい…
  • 荒んだ気持ちに活を入れたい!

 

というときも。

 

いろんな悩みに、解決へと導く考え方を教えてくれる本だと思いました。

 

 

自分が今知りたい悩みを目次からも探せます。

 

そのページを開けば、答えというか、荒んだ気持ちで忘れかけていた、

 

大切な心の持ち方に改めて気づかせてくれるかもしれません。

 

 

何度でも読み返したい人生の本【心にも栄養が必要】

わたしは、本日紹介した本に限らず、人生でつまずいたり悩んだりしているときに、江原さんの本を読むことが多いです。

 

 

毎回、学びになっています。

 

 

毎回というのは、本を開いたとき、いつでもということです。

 

 

人ってなぜ、いいことを学んでも、いつもすぐに忘れてしまうのでしょうか……。

 

 

心でわかったことでも、実践しなければ、時が経つにつれ忘れていく。

 

 

 

悩みが解決するかは、本を読んだ後のことです。

 

 

自分の考えを変えていき、取り入れたり、行動してみることで結果が変わってくるんですよね。

 

 

 

私はまだまだ感情で動いてしまうこともありますし、

 

 

全然成長してないな…と、落ち込むこともあったりします。

 

 

人生のバイブルは、手元に残しておいて、いつでも何度も読み返すことが必要なんですね。

 

 

こういった学びの本は、定期的に読もうと思います。

 

 

生きていく上で大切な、教えや考え方を学べる本だとおもいますので、

 

  • 今、立ち止まってみたい
  • 自分を見つめ直してみたい
  • 荒んだ気持ちに活を入れたい

 

そんなときにぜひ、手に取って読んでみてくださいね。

 

心の栄養にもなる本です。

 

★解釈が難しいですが、江原さんのオラクルカード【ことたまオーラカードに、問いかけてみるのもいいですよ。

私もたまに使っています!

 

 

それから江原さんはラジオもされていて、江原さんの面白い人柄が知れておすすめです。

 

また、江原さんのスピリチュアル公式サイトには、お悩み解決コーナーもみられます。

 

会員になるとすべてを見ることができます。

 

自分と似た悩みがきっと見つかって、よいきっかけになるかもしれません。

人生おすすめの本紹介記事のアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE